人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東京人、京都に住まう

kobabi.exblog.jp
ブログトップ
2024年 03月 20日

今、源氏物語と暮らす(源氏物語レポ1)

京都に暮らしていると、今まで教科書とか本でしか読んだことがない場所や行事が生活のそばにあって、ふいに目の当たりにするものですから、じんわり血脈がざわつきます。
特に今年は、源氏物語が大河ドラマで「光る君へ」が毎週画面に登場し、それに関連した記事がWebを賑わしているので、街を歩いて「ここが光源氏の…」とか「藤原道長の…」とか表示された看板に遭遇すると、今更ながら京にいるのだなと実感します。
今、源氏物語と暮らす(源氏物語レポ1)_e0150160_14130297.jpg
源氏物語のブームにのって、地元嵯峨嵐山文華館で「よきかな源氏物語展」が開催されています。
ご覧のように、きらきら今風なデザインが意外にもマッチして、日本美術に疎遠な若い世代にも受け入れられそうなテイストです。
相関図では、登場人物をアニメのキャラクターのようにデザインしています。もしかすると、当時の人々も、キャラを想像しながらわくわくしたかもしれませんね。
今、源氏物語と暮らす(源氏物語レポ1)_e0150160_14175546.jpg
とは言っても、東京のように混雑することはなく、ゆったりと鑑賞できます。
特別有名な超一級の作品、というわけではないけど、ほどよい作品を好きなだけ鑑賞できるのもぜいたくなひとときです。
今、源氏物語と暮らす(源氏物語レポ1)_e0150160_14215306.jpg
私もついこんなことしたりして、地元なのに観光気分です。
今、源氏物語と暮らす(源氏物語レポ1)_e0150160_14372017.jpg
美術館の外に出て、目の前に「大堰の邸候補地」との看板が。
光源氏の誘いに上京する明石の君が、都の真ん中に住まうことをためらいこの地に一時留まったときの邸宅がありました。
と言っても物語ですから、そのモデルになった邸宅があった、ということになります。
光源氏もこの館に来ていることを想像すると、都の真ん中と嵐山の位置関係や意味合いが実感として理解できて、また血がじんわりと熱くなります。
今、源氏物語と暮らす(源氏物語レポ1)_e0150160_14434817.jpg


by kbkceo | 2024-03-20 14:52 | 京都に住まう


<< 「一条」は深い      街はエーキンだらけ >>